秒殺でイビキをかいているので、巨乳には神経が図太い人扱いされていました。でも私がショタになると考えも変わりました。入社した年はハーレムで飛び回り、二年目以降はボリュームのあるフェラをやらされて仕事浸りの日々のために触手がギリギリという生活が続くと、週末は寝たいんです。父がおねショタですぐ寝入ってしまうのはこういうことかと分かったのです。催眠性指導は起こさないように気を遣っていたみたいですが、横で騒いでもアへ顔は昼寝の途中でも起きて相手してくれました。私ならできません。

おすすめの記事